正念場だ

気がつけば年も明け、おめでとうございます。ですね。
バカみたいに冷え込んだ年末・年始を思えば、今は比較的陽気かもしれません

カルマツイ『恋愛耐湿』大きな怪我を誰がするでもなく、片付けまで終える事が出来ました
何処にでもいるチッポケな3人が、何処にでもあるようであまり無い状況に陥り、誰もが負う痛みで立ちすくむ
そんな3人の遠く遠くで起きている悲壮な現実。しかし、今の3人にはこの下世話な三角関係の歪みの方がよほど大きな問題であり、多くの日本人はきっとそうなんだろうと思う

装飾していないだけに、役者の状態によって作品の出来が些かぶれたにせよ、真に迫った秀作だった
ただ、それが「作り物」であったか、「本物」であったかと言えば、実に精巧に出来た作り物であったのだろうと想う

こんな時代におめでたい。そんな意見は知った事じゃない。テメーがおめでたいのだ
けれど、観客それぞれの人生が抱えるドラマ。それを越えるドラマ。これがなくては、「いやいやいや。」になってしまう
物理的にも、精神的にも全く同一の作品を生み出したら、贋作ももはや真作であろうと思う
真作は人の心を揺れ動かし、体も心も切り裂く力を持つ

こんなんじゃ、演劇をかじってる人や、周波数が同じクリエイターでもないと、動かす事が出来無い
そこにいる人間を動かせないで、ライブも対話もヘッタクレも無い
あの程度の作品では、3000円で2000人動員っていうのが適正なところだろうと思う
日本の若者1千万人の心を揺るがす程度の才能は、刈馬カオスにはあるはずだ。俺は、それに確信を持ち、人生を賭けているんだから

次は、更にその次は、その次の次は、もっともっと優れた創作現場を作るため、がんばらないといけない。制約やリミットを取り外した作品を創るための環境。作るぞー。
[PR]

# by macaroni-2004 | 2005-01-05 10:22 | 日々の雑記  

そういえば

今日はクリスマスでした

なので、ココイチでカレーを食べました
寂しいのでフライドチキンカレーにしました
贅沢にチーズもミックスしました

レジ前で財布をとり出す手も踊っているというものです
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-12-25 01:31 | 日々の雑記  

忙しさに刺殺されないために/制作者のためのプリンター第1弾

ハッキリ言って、世間には僕なんかよりもよっぽど多忙な人なんて、腐るほどいるんだろうと思う
モチベーションを維持して行けば、決してこなせないような作業量ではない
自分をキチンと見定めて、舵取りして行けば必ず大陸に辿りつく

しかし、最近思う事があるのです
先人は我が島の大山の高見を、本当に極めたのかどうか、という点です
極めた事を前提にして、確かめもせず大航海に出ているのではないか、と


そんなことを思ううち、DM挨拶文が刷り上がるのでした
我が愛しのPixus560i ああ、君はなんて優秀なんだ
決して、G820なんかに浮気はしないからね
しかし、MP770。君の多才さには眼が眩んでしまうよ!
あぁあ!ip7100の多彩さは、私の心を躍らせる!!
あややファンにはたまらない、A900の超複合も・・・。いやいや。そんな女子供のためのマシーンに興味は無い!

質実剛健な560i。僕は君について行くよ。
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-12-25 01:18 | 日々の雑記  

ピュアでいさせてくれよ

そこにいる胸を締め付けてくる仲間と向き合っていたい
剥き出しの自分が関係していたい
それが自分のスタイルだ。技術も人脈もなくたって、それだけあれば世界とは関係して行ける

・・・ほど、世界は甘くないのもわかる
そこに自分のアイデンティティを見出しがちなのだ
そうじゃない。そうじゃないんだ
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-12-09 14:45 | 日々の雑記  

溶けるよ!

段々、自分と書類の境界線がわからなくなってきたよ!
文化庁明日締切りあるよ!
ピークだす!ピークだす!ピークランプが点灯でやんす!!

チラシでやんす!見積もりでやんす!申請書でやんす!一斉折込でやんす!

わー。楽しくなって来た~♪
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-12-02 16:14 | 日々の雑記  

立ち位置

今まで、若さと勢いで楽しくやっていたけれど、どうやらそういう立ち位置から外れてきていると思われているようだ
で、実際そうなんだろうなー・・・

そんな時こそ、ピュアでいないといけない
ピュアであれるための何がしかに、浸っている時間が大切だ

さて、書類の山に向かいますか
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-11-30 10:13 | 日々の雑記  

栄光に向って走るぅ~ あの列車に乗って行こう~♪

BStageがクローズというお知らせがfringeから発されました。非常にポジティブな東京行きなので、名古屋の人間でその行動に疑問を抱く人はいないでしょう。東京でのご活躍、心からお祈りします

大橋は生前お付き合いがなく、葬儀の詳細などもわかっていないのですが、元・七ツ寺プロデューサーの久保則男氏が亡くなりました。ご冥福を心からお祈りいたします

続きを読む
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-11-16 09:30 | 日々の雑記  

溢れる無駄と市場経済の狭間で

社会には無駄なものが必要だと確信している


学生時代に住んでいた尾張瀬戸駅の商店街には、無駄なコミュニティが未だに残っていた
まだ大橋が役者を目指していた頃、日課のランニングに出たのだが、「倒れそうになりながら歩く」演技をしていたら、後ろからママチャリに乗ったおばちゃんが『大丈夫?』と声を掛けてくる
大丈夫ですと笑顔で振り切って(実際に大丈夫だし)、再び倒れそうになりながら歩く演技をしていると、同じおばちゃんが後方より追いかけてきて『あんた、無理しちゃいかんよ。』と言って、結構高そうな栄養補強ドリンクを手渡してくれた
商店街で買ってくれたドリンクを大橋は未だに封を切らずに持っている。飲めなかった。そして、今更飲めない(笑

愛知県漂流(休刊?廃刊?)のベスト商店街に選ばれるだけあって、尾張瀬戸の商店街の怪しさは群を抜いていた。買い物には不必要なコミュニケーションや胡散臭いモノが溢れていた
観光地となった大須の商店街を除いて、鈍い輝きを今尚放ち続けている商店街を他に知らない
母校の名古屋学院も名古屋市熱田区に移転してしまうそうなので、商店街とのコミット企画の行方は気になる所だ

最近、日常に必要なものを買うのは、コンビニかアピタだ。けど、あそこに無駄は存在しない。POSシステムにより選りすぐられた商品だけが棚を占め、自分の身の上や人生を語り合う店員はいない。ましてや、高そうなユンケルをくれるママチャリのおばちゃんはいない


かといって、声高に商店街の再生を叫んだところで、多くの人達には失笑を買うだけだ
一見無駄に見えるあの商店街の、あの「無駄」を再生するためにはどうすれば良いのか
「溢れる無駄」と「市場経済」は正極に存在するものだ。しかし、無駄がなければ人間として生きていく事は出来ない。15分に1人の自殺者を出す日本という国を変える事は出来ない

日本の自殺者数は年々増え続けている。景気がいくらか回復しても、自殺者数は増え続けている
警察庁生活安全局によると、平成15年の自殺者数は、34427人だ
統計に現れて来ない人もいるだろうけど、それでも15分に1人が自殺している計算になる

交通事故による死亡者数が1万人に達しない事を考えれば、これは物凄い数字だ
かつて、国の基幹産業たる自動車が、日本人の生命を危機に陥れてはいけないと、国策として交通事故対策に乗り出し、ピーク時である昭和45年の16765人から凡そ半減させる事に成功している
小泉首相は、自殺者数が増加していることを聞かれ、これだという特効薬が無いので困っていると答えたというけれど、果たしてそれで良いのだろうか

絶望の淵に立たされた時、人は死と向かい合う
絶望の特効薬は存在しないかもしれない。しかし、それに抗う気持ちを喚起させるものは存在するのではないだろうか
交通死亡事故者の4倍の国民の命を蝕む自殺
車もアソビがなけりゃすぐに事故を起こしてしまう
無駄なアソビが存在しない社会は、病んだ社会だ


幸か不幸か、山田玲司の本と、船井総合研究所発行の本を両方愛読する人生を歩んでいる
資本主義経済と溢れる無駄をどう関係させて行くか。それが私の人生の課題に他ならない
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-11-10 15:27 | 日々の雑記  

壊れる

パソコンの液晶が飛んだ
急遽、TTPシンカイに連絡を入れて、液晶モニターを借りた
これで、大橋のノートパソコンは、ハイブリット・デスクトップパソコンとなりました

OSもなんだか不安定なので、リカバリー?それとも、これを機に買い替えかなーなどと思いつつ、山田玲司のゼブラーマンを読む
宇宙の彼方に戦うべき相手なんていない。向かい合うべきは家族。普通の男が頼りなくもカッコよく抵抗する姿は正にヒーローだ。愛しい
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-11-02 16:15 | 日々の雑記  

歯が痛い

とても歯が痛い。歯医者はあんまり好きじゃない。お金かかるし

いろいろと考える事や、やらんと世界が進んでいかない事もあって、つい忘れがちになるものが、歯の痛みで思い出される
明日まで、大川興業の現場です。スタイルがそれぞれに違うので、それが面白い
[PR]

# by macaroni-2004 | 2004-10-26 09:52 | 日々の雑記