<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

さて、そろそろ考えねばなるまい。

名古屋演劇界の制作者として、七ツ寺で活躍していた見澤さんがネット黎明期にどこかで書いていたことをふと思い出す
七ツ寺の窓からみえる雲を眺められる時間の流れが、そこにある表現にも強く影響を与えているといったものだった

ビリビリするマーケットの磁場の方が、おそらく優れた作品を量産するには適している
が、大橋はあのキッチンに流れ込んでくる風や、ゆらゆらと流れている生活と創作の匂いがとても好きだ

地方にマーケットを作るというのは、ここ10年で取り組むことになるだろうな
あのゆらゆらした空気の中、プロフェッショナルな仕事をするのはとても自分に厳しい人じゃないと出来ることではない


また書こうと思ったことと話がズレたけれど、そんな考えを相対化・顕在化するためにそろそろ関東での活動も考えねばなるまいということだ
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-10-27 08:55 | 武者修行  

割引にはウンザリ

本来はいくらだが、あなたには今ならこの値段でサービス提供!
みたいな割引サービスには、もう本当にうんざりしている
通信料とかいったい何が本来の価格なのかサッパリわからない

普通に定価を下げたら良いじゃないか
福岡・九州地域演劇祭みたいにさ
話題や観劇行動の定着が欲しいのであれば、幾つかの劇場が連携して国民レベルでの広報を促進をできるようなキャンペーンを張るのが望ましい。観劇をするための劇場の標準スキームになると尚良いけれど、商業作品以外でその制度に乗せられるような公演がどれだけ打てるのだろうか
映画館がそれを可能にしているのは、貸し館じゃないからってのも大きいんだろうな

これから日本は悲劇的に若い人口が減少して行くので、10~30代を対象としたエンターテイメント商材は市場縮小との戦いが本格化する
これは元々小さなパイでやっていた分野では、目に見える形で露骨に収縮していく
この観点から言うと、人口流出・流入は地方から都市へと起こり続けることもあり、地域間格差は更に広がっていくことになる

全然書こうと思っていたのと別の記事になったけど、タイトルは変更せずそのままアップ
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-10-27 08:28 | 日々の雑記  

歯が痛い

歯が痛い…
どう考えても虫歯です
名古屋ではお気に入りの歯医者さんが浄心にあったのだけれど、流石に通うのはしんどい

きっと世の人々はこういう事を書く時はツイッターを使うんだろうなぁ
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-10-11 18:21 | 日々の雑記  

大阪で、東京公演に興味のある関西若手向けのトークをやります

今月のシアターカフェは、「東京公演に興味のある関西の若手劇団のためのトーク」です
私がカフェマスターで、伊藤拓さん(France_pan)、橋本匡さん(尼崎ロマンポルノ)、山崎彬さん(悪い芝居)の3氏とお話します

大橋としては、いわゆる本公演を東京公演でもやるだけという文脈には関心があまりなかったりします
祝祭に興味はあっても、興業にはあまり興味がないからかなぁ?
東京では祝祭が逆に成立し辛いと思うんですよね。いや、わかんないですけど

優れたアーティストやスタッフが唸るほどいる街という意味では、非常に興味があるんですけどね
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-10-05 16:57 | 演劇制作  

京都にいる

京都にいます

これからしばらくは、京都か大阪にいます
来年は関西2年目なので、今のうちにいろいろ仕込んでおこうかと思います

ハングルの勉強会とか、京都の劇場とどこかの助成財団とやれないかなぁなどと妄想中
わたしはパッチムで脱落しましたが、遠くない将来に必要になる予感がしているので
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-10-05 16:44 | 日々の雑記