<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

阪大のトーク企画 × 2

私が特任研究員をしている大阪大学CSCDでは、京阪電車さん達と組んで駅ナカにアートスペースを創ってトーク企画をやっています
先週は私がカフェマスターを務めまして、ワークショップデザイナーカフェを行いました
プログラムや進行はワークショップデザイナー育成プログラムの修了生にお願いしました

総じて感じたのは、ワークショップデザイナーの仕事は社会に「提供する」側なのだと
いや、正確には社会に提供する側だという振る舞いを、実際の構造以上に求められるのだと
それが豊かなことなのかどうか、もう少しつきつめたい
あー、しかしWSDに参加出来るのはうらやましい。青学にコッソリ通うとかしようかな


そして今週末も阪大のカフェ企画だ
今度はシアターカフェである
「カラフル3」でコンカリーニョ賞に選ばれた京都の2カンパニーを、札幌の2カンパニーが迎え撃つ「vs.KYOTO」の関連企画でもある

詳細はCSCDのサイト
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-29 08:47 | 武者修行  

絶望後

b0025419_10581768.jpg

b0025419_10581753.jpg

力作も製版ができず徒労に終わりました
消耗品が一部だめになっていました
タイムアウトのためプリンターで仕切り直し
悔しいのでプリントゴッコの活用を考えました
印刷後の紙を乾かすスタンド。これをポストカード立てに活用

いや、公演の受付でチケット整理にも使えるぞ!



あー、時間むだにしたなー・・・
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-20 10:58 | 日々の雑記  

今、何をしているかと言うと

時限福岡秘密基地にて、プリントゴッコを試行錯誤しています
敵は手ごわいぞ

今は休憩
アスパラを肉で巻いたの、美味。
肉まんも美味い。
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-18 21:47 | 日々の雑記  

【名古屋の演劇人参加必須】平田オリザ/高萩宏の講座

私は私の仕事をするだけだな、と思う今日この頃
古くから会社が巨大化するにつれて、会社は次第に社長のものでなくなると聞く
自分や自分にまつわるものが、次第に自分のものでなくなっていく事に恐怖を覚えたのは2年ぐらい前からだったか
ある段階からの活動は、私という存在は公という存在に絡めとられるのが社会の必然なのだと理解した
だから企業や行政や個人から資金が集まる。私にお金は振って来ない
自身のトラウマや日常の不満を癒すために活動は出来ないのだ
逆説的だけれど、私の強さこそが公としての強固さを生むのだ

+ + +

前段が長くなりました
生きる巨人が2人名古屋でアートマネジメント講座を行うのです

文化情報センターが行っているアートマネジメント講座で、平田オリザ(2回目)&高萩宏氏が登壇するのです
これに参加をしないのは、公の演劇人としては損失です

既に1度目の講座は終了しています
昨日、阪大で平田さんにお会いした時に言われたのは、極端に名古屋だけアーティストの参加が少なかったということ
平田さんは劇場法にまつわるセミナー等を各地で行っているのですが、行政・会館関係者も来るものの、アーティストが自身の将来の問題として感じて参加しています
北海道では、主宰やプロデューサーだけでなく、劇団員がこぞって参加したような事も聞きました

高萩さんは演劇関係者ならご存知でしょうが、劇団夢の遊眠社創立メンバーにして偉大な業績を積み重ねてきた国内屈指のプロデューサーです
演劇を名古屋で続けていくのなら参加しておいて絶対に損はありません


2回目からの参加でも申し込みOKになったそうです
是非に参加してください
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-11 12:49 | 演劇制作  

トリコ・A

インプロワークをやったWSD補講後、トリコ・Aプロデュース『せりふのないガラスの動物園』を鑑賞

ここ数年、終演後に客席を立てない芝居に出会っていなかった
かなうのであれば、もう30分終演後の劇場でぼーっとしていたかった
『ガラスの動物園』を知らないのでどのような構成がされたのかもサッパリわからなかったけれど、めちゃくちゃ面白かった

ヘトヘトのコンディションで観劇したのだけれど(開演前、客席で寝てた)、冒頭(これぞ前説?)からバリッと空気が劇的になり、あっという間に鷲掴みされました
名古屋の友人たちにも、今から新幹線に飛び乗って劇研に行って欲しい芝居です


演出も良いのですが、役者が1人1人凄い。巧いのは言うまでもなく、凄みがある
我らがWSD阪大3期メンバーのミュージシャン「新井洋平」氏もいい仕事をしていました。楽曲により寓話のような世界が立体化していました。そして生演奏。ミュージシャンが奏でることでフィクションが「グワッ」と強固になったかと思えば、生身の姿でそこにいることによりリアルに引き戻される。いやー、いいなぁ

ぜひ再演・巡演してほしい
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-04 12:04 | 日々の雑記  

本日開館

KAIKAとAKIKANが本日オープンしました
今日はKAIKAを京都の若手劇団が稽古で使っています

AKIKANはITオフィスから、アトリエへと少しずつ変化をしています
明日集まる人たちが、これからの空間を彩っていく人たちになっていくんだろうなぁ
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-01 18:13 | KAIKA