<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

追加公演の逆

『下北サンデーズ』視聴率低迷のため、1話残して打ち切りなんだってさ

追加公演の逆で、「不人気のため公演打ち切り」って新しいんじゃないだろうか

いや、『小林少年とピストル』、再演の声高らかに轟く爆笑活劇ですから!!!
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-31 22:52 | 演劇制作  

そういえば、今週末公演

西田シャトナー演劇研究所#1『宇宙猿』で名古屋で旗を揚げたばかりの西田シャトナー
丁寧に芝居を・・・と言いながら、びっくり今日から小屋入りをして、初日は明後日
西田シャトナー演劇研究所#2と思いきや、西田シャトナー冒険活劇研究所を結成しての#1『小林少年とピストル』
底抜けに楽しいエンターテイメント活劇になる事でしょう

きっと、惑星ピスタチオの西田シャトナーの演劇と聞いてイメージするものに近いのでは
詳細は公式サイト

研究所メンバーによる継続的なチームとしての第一弾なのであります
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-31 17:25 | 日々の雑記  

演劇オープンラボ/名古屋⇔東京交流、はじめます

演劇の力をいろーんな人に感じてもらいながら、新たな領域を模索するプロジェクト『演劇オープンラボ』はじめます
演劇学校シリーズの尖がった編的な位置づけとなろうか。まずはやってみてから考える行き当たりバッタリぶりは相変わらずだなも

初回は東京・名古屋の4演出家による、身体と言葉と物語とそこにいる人間に向かい合う10時間創作×一挙連続上演のラボなのであります
違うアプローチのラボも今後やってみたいんだけど、まぁ、気長に取り組んでいきたいと思います

いわゆる詳細
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-21 00:38 | 演劇制作  

3年後

僕、何をしているんだろう
今年1年疾走して、それから考えようと思っていたんだけど

ビルが建ってるか霧散しているか
いや正直ぼくら有象無象のインディーズ演劇人は3年後がわからない。いや、それじゃダメだから僕ら制作者がいるんだけども
3年後の自分も社会もぼんやりしているけれど、きっとその時々でバシッと閃光が走るんだろうなぁ
いやいや、もっと骨太にならないと

次の3年のための鋭い牽制の連打、打つべき時が来てるんだよなー
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-20 23:42 | 演劇制作  

あれ?

メガチカの次々回公演、公演プランを組んでたら延べ動員目標が3000人になってしまった
一番最新の3月の公演で300人もお客さんが入っていないのだが・・・。ホントに桁が違うな
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-11 20:18 | 演劇制作  

盆おどり

小学校の廃校活用施設に入居をさせてもらっているわたしたち
今日から校庭で盆踊りみたい
あんまりにもにぎやかで、窓開けて仕事するのはちょっと気がひけちゃう

おだんご買いにいこーっと


もし仲良くなれたら、踊りおしえてもらおうかな
ああ、オリジナル楽曲と振り付けの新盆踊りとかつくれないかな
やぐらはハポンをドームで覆った玄さんと町内のみなさんと一緒に作ったり・・・できないかなぁ
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-11 19:08 | 日々の雑記  

マスコミ報道とノンフィクションの表現

先日経済某紙に僕のことを取材していただきました。それは実に名誉な事なのですが、記事内容にいささか取材内容と異なる点が
どうも記事全体からそこはかとない特集のストーリー性を感じてしまう。まぁ、文化担当の記者の方ではなかったので、無理もない点は理解するのですが・・・

と、そんな事を思いながらテレビを見る。我が家にはテレビが無いので新鮮です
かつて少しだけ袖触れ合った集団が、ずいぶんと世間からバッシングされている事を知る
2002年のクリスマス頃。吸ったことない煙草ふかして(一生で吸ったのはあの時期だけだ)荒れていた事を思い出す。われながらカワイイやつだ
fringeの荻野さん経由で芸団協のお仕事を担当していた時期で、心配をおかけしていた事を思い出す

そうか もう4年も経とうとしているのか

More
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-10 01:38 | 日々の雑記  

近鉄名古屋についてから

事務所のある本陣まで10分で着いた
ああ、便利だなぁ。好立地のところであまり基盤を置いたことがないので、この便利さはホントに嬉しい
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-05 15:16 | 日々の雑記  

名古屋での折込み

名古屋の折込束の現状、せっかくなので書いておきましょう

1公演に折込まれる平均部数はだいたい20枚程度でしょうか
折込希望が集中する公演では、名古屋でチラシを作っている全団体がこぞって来るので、随分と分厚くなる事もありますが、それでも40枚ぐらいかな

今は東海シアタープロジェクト主催・演劇練習館アクテノン共催の折込ネットワークが、常時10枚前後を挟み込んでいます
これはチラシバーター折込システムと、折込委託システムのハイブリットシステムで、運営能力も高まって来ていて、口コミから更なる広がりをみせつつあるという現状でしょうか

目下の悩みは動員力のある公演があまり打たれなくなってきている事実
小劇場だけではフルで折込んでも、月間1万部も行かないのは・・・。
シーンの動員力を測る目安になるものなので、この停滞は即ち動員力減を意味しているんだろうなぁ

名古屋では折込チラシに対しての依存度は相当に高いです
当面、折込みチラシ束の存在自体の是非が問われる事は無いでしょうね
成熟してきているからこその変化でしょうから、正直羨ましいと感じます
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-03 17:06 | 演劇制作  

関西のチラシ束

少年王者舘さんのヘルプで精華小劇場入りしている大橋です
王者のチラシ束を見てすぐ「あれ?薄い?」と思っていた矢先、fringeのミニアンケートでチラシ折込みが取り上げられていて感慨深い
演劇情報系の冊子もなければ、特段分厚くも無い名古屋の状況を考えると、まぁ、いっか。というのが今の所の僕の意見
折込まれるチラシの質の方が、やっぱりキツイかなぁ
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-03 11:03 | 演劇制作