<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

『カラフル』 情報公開ですよ!

マカロニ元々もっと緩いブログだったんだけど、最近は近況ブログ状態になってるなぁ

名古屋インディーズ演劇フェス、ショーケース&賞レースイベント『カラフル』
プロデューサーを大橋担当する事になったのですが、その情報公開がされました。 公式ブログみてね

More
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-26 01:57 | 演劇制作  

求むプロフェッショナル(になるっしょと決めてる)制作者

COMBi本陣に事務所を構えて一番大きかったのは、社会との関わりの最前線に立つ事が出来た事です
これまで擦れ違った事も認識困難だった人達との関係が、ここにはある。演劇の枠の中だけにいるなって演劇人のほとんどは思ってるけど、好む好まざるを問わず、その戦いの最前線に立つ事になる

毎週月曜から金曜まで、事務所への常勤が始まりました
通常の制作業務に加えて、事務所管理の手間も増えました
けど、来客も圧倒的に増えました
制作チームとして個性的で多様な表現を生み出し、社会が求める質と供給量、共に送り出せる環境が整いつつあると、自負しています

東海シアタープロジェクトは、プロデュース・制作スタッフを募集します
得た仕事に対する報酬は必ず分配いたします。仕事を作った、まわした、将来への種を蒔いた事に対して、正当な評価をいたします
私がトップの小さな組織ですが、単なる手数ではない、表現活動のパートナーとして近い将来活動して行くという決意を持った方を求めます。勤務体制は応相談です。学生の方も応募可です

敏腕プロデューサーとして活躍したい、猫の手百本分の活動量や、つい誰も考えた事の無い事を生み出す、想像的で創造的な頭脳を提供したいという方
名古屋市営地下鉄・東山線「本陣駅」徒歩2分の事務所(元・小学校ですよ。)に通える方
これまでの活動暦は不問です。夢とビジョンを提案してください

先ずは下記住所まで履歴書をお送り下さい
〒453-0021 愛知県名古屋市中村区松原町1-24 東海シアタープロジェクト

面談は本陣のオフィスにて行います


なお、グラフィックデザイナーや、ウェブデザイナー、フォトグラファーなど、ビジュアル戦略に参加して下さる方も同時募集します

オオハシにこれを聞きたい。という事があれば、お気軽にメールをお寄せください
ohashi@butai.org
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-21 12:30 | 演劇制作  

東京行って来るでよぉ~

小劇場演劇の制作者を支援するサイト fringe
なんともマニアックなサイトなんだけど、100万アクセスを突破したんだってさ。すげー
そのうち、1500アクセスは僕が踏んでると思う

で、その100万アクセスを記念して、地域の制作者がキャラを磨いて売ってくための企画があるんです
セゾン文化財団の助成をとって、地域の制作者を東京に集めた上で、凄まじいスケジュールで2泊3日制作者TOKYO虎の穴ツアーを決行するという、関係者以外でもそのマニア度は推し測れるその企画『PmP2006』

名古屋からは王者の杢ちゃんと、僕が参加するんだ
TTPが名古屋の制作者を推薦したんだけど、これはオオハシ行っとくべきだ!と、僕が参加する事になりました

詳しくはPmP2006公式ウェブログにて!
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-20 00:18 | 演劇制作  

ドラプロ終わった

超恐ろしかったドラプロの舞台、終わった
つかさんや、エスターク(デスピサロ?)渡辺の描いたストーリー、芝居を、立体的に立ち上げるための演技。そういう意味では、水際スレスレ滑空でした
僕が出来たのは、僕として舞台に立って、存在している事でした。僕としての演技。役を自分に近づけるってやつかな。割と役に近い体験があったので、それを引っ張ってこれたのは大きかったな

今この時期に役者として舞台に関われた事、すっごい嬉しい
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-08 15:10 | 演劇制作  

七ツ寺提携・演劇学校オープンキャンパス!

演劇学校・オープンキャンパスウェブサイト立ち上げました!

普通にお勧めです。
特に、演劇を志したものの、これから極めて行くためには壁を感じているという方、受けるべきです
ダンスとか音響とか小道具とか、本シリーズ開始時にはラインナップ揃えたいなぁ
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-04 15:01 | 演劇制作  

も一つ、情報公開。 西田シャトナー演劇研究所 公演

西田シャトナー演劇研究所、いよいよメンバーが集まって、西田シャトナーと共に演劇の研究を開始します

公演活動はその活動の一部ですが、演劇を研究するには公演は必要でしょう
西田シャトナー演劇研究所 #1 『宇宙猿』

俳優は魅力的な3名が揃いました
「小熊ヒデジ」(てんぷくプロ) KUDAN Project で、全国区・世界へ向けて活動中
「ヒート猛」 エネルギー溢れる(本気で)演技で、超注目若手俳優。全国区へ押し出したい逸材
「富美子」 女優初挑戦となる、TVアナウンサー&ディレクター。キレイ過ぎて、ドキドキしちゃう!(オオハシが打ち合わせ中に)

7月27日→30日 七ツ寺オンステージ!


関係ないけどこの前、少年王者舘の『アジサイ光線』(ダンス公演)を観たんですけど、踊る俳優の身体とほぼ同じ動きをする映像が投射されていました
映像という過去に撮影された今存在しないはずの存在と、力強くも優しさに包まれた俳優が対比される事で、「今、いる。ここにいる。」「いるって、なんだろう?」っていう所を突き抜けて、エンターテイメントにまで昇華されていました


『宇宙猿』は宇宙船の中で「乗組員」「航行コンピュータ」「船体」が宇宙の中でゲームばっかりやってる、そんなお話なんですけれども
いやー、どんな宇宙の果てに辿りつくか。楽しみ!
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-04 12:09 | 演劇制作  

いまさらだけど、そうか

ちょっと機会があって、小劇場でのプロデュース暦を記入する必要があったんだけど、そしたら僕、まだ4年しかキャリアが無いんだ。学生時代を足せば、も少し長くなるんだけど

いや、待て待て。制作専任この道で行くと決めて既に4年。5年で1つの区切りとして・・・。遅すぎるよね。一般企業なら、もう呆れ返られてるペースだ

いや、そんなこと言ってる間に、今ためこんでる仕事速くこなします!がんばるぞー。でも、もう小屋入りまで7時間だ~
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-05-03 01:57 | 演劇制作