<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

遊園地再生事業団『トーキョー/不在/ハムレット』  不在の連環

アメリカを始め西洋の人々は、日本を始めアジアの国々をオリエンタリズムな目線でしか羨望せず、日本はアメリカなんかを近代以降の目線でしか見ないという
いくらアメリカでカントリーが流行っても、それが日本に伝播する事はまずないわけです(マカレナなんかは例外だろうけど)

春秋座で「遊園地再生事業団」『トーキョー/不在/ハムレット』を観た
超巨大都市トーキョー。地方から現代の先端を求めて人々が集まる街
だが、人々は気づいてしまった。トーキョーは不在であると
冒頭の映像(チョーカッコイイ!)で、東京タワーから閃光が走る。街や人々に刺激が溢れ、活況し続ける街トーキョーが映し出される

が、不在なのだ
東京人は東京タワーには行かない。それはトーキョーが不在であると、多くの人々は気づいてしまったからだ
そこで未知の時空を求め、地方に眼が行くわけだ。北関東の北川辺には、強烈な磁場が走っている(実際の北川辺がそうだというわけではないだろうけど)
そこには、お化けであったり、伝説が存在する

「郷土を愛している。」北川辺に生まれた若者は、自己を否定する。そんなはずはない、と
その磁場に引き戻されてしまう自身のアイデンティティーを否定したいのだ


しかし、地方に行けば必ず未知の時空が存在するのだろうか
少なくとも地方都市名古屋の我々は、更に地方に眼を向け、エキゾチックな大冒険に胸を躍らせる
地方に住む友人のアーティストは言う。「都市化は進んでいる」と
資本主義経済お化けが放つ磁場に、オリエンタリズムは飲み込まれる

NY→東京→名古屋→→→→→
不在の連環は続く。末端に行けば行くほど、都市への羨望は強くなる
胸に響き続ける不在の連環は、重い
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-01-31 14:15 | 日々の雑記  

(財)名古屋市文化振興事業団は民営化すべきか

○ 前提
名古屋市は都市だ
名古屋市には企画・運営力に優れた民間制作機関があり、その機関が受け皿となる

答えはわかっている。集客を第一に考えるなら、民営化すべきだ
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-01-27 19:45 | 演劇制作  

全日本バレーと消費

ジャニーズやら、みのさんやらの力を投入して、バレーボールの裾野を広げるべく努力をしているバレーボール協会
その尽力ぶりは、他人事ながら感銘を受ける所ではありますが、果たして本当にバレーボール人気の向上に寄与しているのかどうか

イケメン軍団+みのさん。最強である
ただ間違いなく言えるのは、磨き上げられた身体と、卓越した技術、超人的な精神力が凌ぎを削り合うバレーボールの魅力とは、何の関係も無い魅力であるという点だ

敷居を下げ、広くバレーに触れてもらおうという意図を汲めば、一定の成果は上げていると言えるのだろう
しかし、人気の「水増し」であるのは、否定しようがない事実だ

バレー人気の仕掛け人は言う。「テレビに利用されてはいいけない。テレビを利用しないと。」
その嘆きの声は届くのか

スポーツと消費。これも難しい問題だ
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-01-26 13:44 | 日々の雑記  

コトリのみるゆめ

最近、仲良くさせてもらっている絵描き「ほんまきよこ」さんと、彼女が拠点とする加子母村のコンサートで出会った、「くり工房」さんの2組展
ほんまさんの絵は、キュートなタッチの中に、静謐な空気と切なさが包まれているのがステキです

 いんやん堂での展示の様子です

(猫足企画:ほんまさんの日記から転載)

くり工房さんのバニラ石鹸をゲットして、早使用しております
ほんまさんには、「大橋君、疲れてる?」と一発でユウウツなオーラに感づかれてしまったので、その眼を追う洞察力にビクビクです
そんな会話を聞いたくりのMihoさんが、バニラには落ち込んでしまう人をリラックスして、解放してくれる力があると教えてくれました。効果のほどはまだよくわかりませんが、とりあえず現時点では引きこもってはいません

2004.12.28〔火〕~2005.1.16〔日〕 コトリのみるゆめ~くり工房(Katsu&Miho)・ほんまきよこ
於/大曽根 いんやん堂 時間/pm 12:00 ~ pm 6:00(最終日は pm 5:00 まで) お休み/12/31~1/4、7、14 入場無料

[ Info ]会期が23日(日)まで伸びました
なので、未見の方はぜひ足を運んで下さい。いんやん堂は、大曽根のリラクゼーションギャラリー+雑貨屋です。定休日は月曜日と、第3日曜日だそうです
http://aichi.e-machi.ne.jp/102805/
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-01-16 20:41  

port-c

マカロニノートのタイトルを頂戴した、門脇麻友美さんのグループ展「port-c」の案内が届く
前作は見逃してしまったので、ぜひとも足を運ぼうと思う。誰か一緒に行かない?

映像、立体、平面のグループ展で、会場は県芸大芸術資料館
今作は『kisekae-gokko』

port-cウェブサイト、コンセプトによると
いつも考えていることと言ったら、
レースとレースの波の間に出来た薄暗さにゾクゾクするとか、
チェック模様の色の重なりに目がチカチカするとか、
糸と布の縫い合わさったところから「誰かこっち見てない?」てなことなんすよ。
そんなもんなんすよ

・・・っちゅー、作品らしい
レースとレースの波の間に出来た薄暗さにゾクゾクって、いったい誰が、何が、潜んでるって
いうんだ
んー、楽しみ!!


門脇麻友美 『kisekae-gokko』

詳細はport-cウェブサイトにて
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-01-09 16:09  

正念場だ

気がつけば年も明け、おめでとうございます。ですね。
バカみたいに冷え込んだ年末・年始を思えば、今は比較的陽気かもしれません

カルマツイ『恋愛耐湿』大きな怪我を誰がするでもなく、片付けまで終える事が出来ました
何処にでもいるチッポケな3人が、何処にでもあるようであまり無い状況に陥り、誰もが負う痛みで立ちすくむ
そんな3人の遠く遠くで起きている悲壮な現実。しかし、今の3人にはこの下世話な三角関係の歪みの方がよほど大きな問題であり、多くの日本人はきっとそうなんだろうと思う

装飾していないだけに、役者の状態によって作品の出来が些かぶれたにせよ、真に迫った秀作だった
ただ、それが「作り物」であったか、「本物」であったかと言えば、実に精巧に出来た作り物であったのだろうと想う

こんな時代におめでたい。そんな意見は知った事じゃない。テメーがおめでたいのだ
けれど、観客それぞれの人生が抱えるドラマ。それを越えるドラマ。これがなくては、「いやいやいや。」になってしまう
物理的にも、精神的にも全く同一の作品を生み出したら、贋作ももはや真作であろうと思う
真作は人の心を揺れ動かし、体も心も切り裂く力を持つ

こんなんじゃ、演劇をかじってる人や、周波数が同じクリエイターでもないと、動かす事が出来無い
そこにいる人間を動かせないで、ライブも対話もヘッタクレも無い
あの程度の作品では、3000円で2000人動員っていうのが適正なところだろうと思う
日本の若者1千万人の心を揺るがす程度の才能は、刈馬カオスにはあるはずだ。俺は、それに確信を持ち、人生を賭けているんだから

次は、更にその次は、その次の次は、もっともっと優れた創作現場を作るため、がんばらないといけない。制約やリミットを取り外した作品を創るための環境。作るぞー。
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-01-05 10:22 | 日々の雑記