舞台監督・塚本さんのブログが神

演劇部の愛知県大会に行ってきた(でも名古屋にすぐ戻らないといけなくて、トンボ帰りになってしまった。無念。)
私は愛知県半田市出身で、正にその半田での県大会なのだ
地元の小学・中学校での式典や舞台公演・成人式に使わせていただいた雁宿ホール
超懐かしい。今思えば大きな劇場で演劇部の公演やっていたものだ

さて。
関西で活躍する舞台監督・塚本修さん(CQ)のブログ「舞監@日誌」が神である

審査や創作に対する助言を行う「専門家助言者」として塚本さんは県大会に参画している
演出家・俳優・舞台スタッフそれぞれの助言者が参画し、それぞれの目線で助言をするという素敵な制度なのだ

そしてその塚本さんが自身のブログで、観劇速報を入れているというわけです
作品世界の紹介に始まり、舞台美術が効果を出していればそれを褒め、衣裳のアプローチを解説し、照明効果を高めるためのイロや照射場所をアドバイス。
映像効果への鋭い指摘、ドアの開閉音はスピーカーから出す場合でも方向性をキチンと出すこと、暗転稽古の必要性の指摘などなどなどなど

全ての作品に対してエールを贈っている
いやー、これは凄いよ。自分が高校生だったら超嬉しいなぁ
12日(火)には、助言者のワークショップもあるんだそうです
みなさん、ぜひ半田へ行ってくださいね


『地蔵さんが転んだ』に出演してもらった、石本さんも助言者として参加しています
ブログを見ると、とにかくホテルが良かったようです
カラフル3の時の宿泊候補にしようっと
[PR]

by macaroni-2004 | 2008-08-10 01:56 | 演劇制作  

<< 上に合わせる アートプロデュース講座について >>