この凄さを知っているのは、俺らだけか

片山さんの完全アテガキ(アテ演出)方式
寂光さんの完全自分史方式
それらを経て今回の柴さんのワークでは、自分の生理を他者を演じるという部分に落とし込んでいます
みんなが全てのワークに参加しているわけではないから、そこのステップアップを体感出来ている人は限られている

勿体無いなぁ。これって、超凄いことなのに

舞台にいる事が出来るようになるという意味では、もっとインプロ的なカリキュラムも用意しないとな。スケジュール、先々まで組もう
[PR]

by macaroni-2004 | 2008-07-19 13:51 | 演劇制作  

<< 制作ワークショップ情報 名古屋の空 >>