Wii演劇は可能か

友人からWiiを借りてきてWii研修しまくった
確かにこの身体性はこれまでのゲームとは異なる

僕がテレビゲームと初めて出会ったのは、スーパーマリオブラザーズだった
半田同朋園卒園間際だった私に、父が誕生日プレゼントとしてファミコンを買ってくれた
マリオがジャンプする時には、ついつい自分も飛び上がってしまったことを記憶している

b0025419_13294144.jpg

そしてWiiだけれど、これまでのゲームと比べて、より日常を参照する力が強いと言える
ボーリングでボールを投げようと思った時、必要もないのに前に駆け出しながらボールを投げたくなるのだ

これは、かつてマリオと一緒に体が飛び上がっていた時に近い感覚と言える
が、体の前でボールを構え、手を振って投げれば正にボーリングである
まさかWiiスポーツで筋肉痛にはならないだろうと思っていたが、見事に右腕がやられた
Wiiは凄い


こうなってくると、いよいよ気になってくる命題が「Wii演劇は可能か?」である
リモコンとヌンチャクで演劇(俳優)の身体性を再現できるものだろうか
言語が介するか否かという問題もあろう

実証研究の色合いが濃すぎるかもしれない
けれど、もしもこれが可能になるとすれば、“市民が演劇をやる事によって、生活がちょっぴり豊かになる社会”を作るというポリシーと合致する
同時に、特権的であった演劇の身体性とは何かが問われる事になる
[PR]

by macaroni-2004 | 2008-05-15 13:43 | 演劇制作  

<< 演劇ラボ 短期集中講座開始! 生きテク 量子論 >>