壊れる

パソコンの液晶が飛んだ
急遽、TTPシンカイに連絡を入れて、液晶モニターを借りた
これで、大橋のノートパソコンは、ハイブリット・デスクトップパソコンとなりました

OSもなんだか不安定なので、リカバリー?それとも、これを機に買い替えかなーなどと思いつつ、山田玲司のゼブラーマンを読む
宇宙の彼方に戦うべき相手なんていない。向かい合うべきは家族。普通の男が頼りなくもカッコよく抵抗する姿は正にヒーローだ。愛しい
[PR]

by macaroni-2004 | 2004-11-02 16:15 | 日々の雑記  

<< 溢れる無駄と市場経済の狭間で 歯が痛い >>