シンポジウムで司会をします

昨今、演劇のノウハウを使って、コミュニケーション能力を向上させる「コミュニケーションティーチング」が急激に注目を集めています
演じる事を通して、他人や自分の気持ちを理解し、関係を構築して行く能力を育みます

そして、そんな「コミュニケーションティーチング」のワークショップが、明日から名古屋で行われます

その名も「演劇で学ぼう!~環境編~」『環境警察2207in愛知』
プロの俳優と子ども達が一緒に環境劇を作るワークショップ。環境問題が今よりずっと深刻になった23世紀に、環境問題を改善してい行くために組織された環境警察が、環境問題の根を絶やしに21世紀にタイムスリップをするというお話
過去に遡って未来の問題を根絶やしにするというSF設定、HW(ハリウッド)映画で言えば『ターミネーター』(アーノルド・シュワルツネッガー 主演)。WJ(週刊少年ジャンプ)で言えば、『D・N・A² ~何処かで失くしたあいつのアイツ~』(桂正和・作)のような世界設定か

子ども達の「表現教育」と「環境教育」を。さらには発表公演を観に来た大人達も、子ども達が上演する環境劇によって啓発されるという企画なのだ

この企画終了後に開かれる「環境教育におけるコミュニケーションティーチング」にて、大橋、司会を務めます
環境NPO、教育NPO、おやこ劇場スタッフ、京都の演出家、そして大橋の司会。聞いた事ないトークになりそうですっ!
みなさん、ぜひ足をお運び下さいませ

コミュニケーションティーチングとは(フリンジチケットにおける平田オリザさんの説明ページ)



演劇で学ぼう!~環境編~のお知らせ。
『演劇で学ぼう~環境編~』は、児童たちが楽しいキャラクター達の活躍するストーリーを追っているうちに、環境警察とともに「現在から連なる未来」を疑似体験し、自然に「自分達のできること」に目を向けてもらう運びになっています。その効果はお芝居を作る子どもだけでなく、お芝居を見る側の者にとっても発揮されます。「演劇」という双方向のメディアの本領発揮となる取り組みです。


「環境警察2207in愛知」
子ども達とワークショップを通じて、環境問題をテーマにした作品を作ります。最終日には発表会とシンポジウムを実施。皆さま、奮ってご参加ください。

日程:9月15日(土)/16日(日)/17日(祝) ワークショップ ※僕の友達のみなさん、連絡下されば見学など可能な予定。来年以降、一緒にやりません?
9月24日(祝) 発表会
会場:うりんこ劇場(名古屋市名東区八前1丁目112)
参加費:無料
対象:小学生・中学生


☆演劇発表会を観に来て下さい!
日時:9月24日(祝)
14時~ 発表会「環境警察2207in愛知」
15時~ シンポジウム「環境教育におけるコミュニケーションティーチング」
会場:うりんこ劇場
料金:無料

ワークショップ講師:劇団衛星、東方るい、吉田泰子 ※出色な劇団衛星俳優陣と、名古屋を代表する女優2名が出演しながら子ども達の芝居を引っ張りますよ

シンポジウム司会:大橋敦史(東海シアタープロジェクト)
スピーカー:毛受芳高(特定非営利活動法人アスクネット)
広中省子(日進おやこ劇場)
亀田将紀(特定非営利活動法人eじゃん安城エコガイド/環境劇団いるか)
蓮行(劇団衛星)

主催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト
協力:うりんこ劇場 東海シアタープロジェクト
助成:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金、セブン-イレブンみどりの基金

☆お申し込み・お問い合せは・・
NPO法人フリンジシアタープロジェクト
TEL・FAX 075-724-6502 / MAIL info@fringe-tp.net
[PR]

by macaroni-2004 | 2007-09-15 03:19 | 演劇制作  

<< 船に乗ったとしたら 運命について >>