荒野になってしまう

今週は名古屋で小劇場系の演劇公演が多い
少年社中×ホチキス、シアターウィークエンド、ALKシアター、電光石火一発座、アーノルド.S.ネッガーエクスプロージョンシステム、劇団ちゃりんこ×芝居屋遊牧民、CW-Works、よこしまブロッコリーのにへいさんが演出するN・A・Cの公演もある。てんぷくプロも初日を迎える

もうこんなに公演が重なるような時は2度と来ないのではないだろうか



劇団数、公演数が(プロデュース公演も)減少の一途を辿っている名古屋

中堅劇団の解散、活動休止、実質の活動停止、新鋭と見られていた若手の解散、趣味劇団化、下支えしている学生劇団の停滞
多くの名古屋の関係者が、青ざめている。凄い事になってきてしまった…と


市場規模を正確に知る資料はないけれど、折込み保存資料など見るに、ここ3年間は1年ごとに10%近く市場が縮小している

名古屋の演劇シーン全般が大きな刺激に溢れていない
プロモーターが呼ぶ大衆娯楽性の高い公演も地元演劇シーンとは結びつかず
哲学的で人間を正面から描いた作品は数少ない演劇ファンの中でも大勢の支持を得ない


荒野になってしまう

いや、荒野から始めないと

助けて~っ!!


県外から来演する、元・名古屋のホチキス、出身の少年社中さんには、楽しく帰京して頂きたい
[PR]

by macaroni-2004 | 2007-08-28 01:31 | 演劇制作  

<< 銭に向け叫ぶ 終わる 一息ついて吸う >>