ポッドキャスト・朝感(あさかん)ラジオに出ました

MDプレイヤーも持っていない上、自宅のテレビが名古屋テレビしか映らなくなってしまった、大橋です
i-podってもう必須アイテム?ポッドキャストってやっぱりみんな楽しんでるのかしら?i-Tunesとか、どんなんなんやろうなぁ

で、そんなポッドキャストによるラジオ番組、朝感(あさかん)ラジオにゲスト出演いたしました
http://www.voiceblog.jp/asakan/

「感じる」という部分について、トークが広がりました
NPO法人フリンジシアタープロジェクトが主催した、京都芸術センターでの「コミュニケーション・ティーチングについて」のシンポジウム帰りだった事もあり、自分や他人や自分と他人との関係を感じる能力について、トークが広がりました

【朝感・番組紹介】
「朝感」は一日が始まる朝に「今日も踏ん張っていくぞ」と投げかけていきます。「今日もやっちゃうか」とリスナーの皆さんが感じてくれれば最高です。水曜日以外の平日で通常営業しています。水曜日は別なことをやろうとしています。

フリンジチケット「コミュニケーション・ティーチングとは?」パネラーの平田オリザさんからの説明
http://www.fringe-tp.net/ticket/display/blog_item/19

愛知でも、うりんこ劇場に劇団衛星の劇団員さん達がやって来て、小学生~中学生を対象としたワークショップが開催されますよ


本筋と関係ありませんが、園子音監督の映画『自殺サークル』のフレーズ、「あなたは自分が死んでも、あなたはあなたと関係していられますか?あなたはあなたの関係者ですか?」というフレーズがぐるぐる脳内でまわっている
最近は他者との関係がクローズアップされがちだけど、自分を知る、関係するという事についても、再度みつめないといけないなぁと思っています
世間的には、「自分探し」ブーム?が去って、旬ではなくなっているのかな?

何ていうか、そんなかっこつけたもんじゃなくて、もっと地味な「自分のトークを録音して聞く」とか、「送ったメールを見直す」とか、「あれ?何やりたかったんだっけ?」とか、「何を信じて進んで、何は自分のものだったのか」って、嫌になるほど考えるとか

そういう強烈にしんどい事に向かい合って、成長したり確信を深めたりしている友達と会うと、尊敬するなー
昔の連れの姿を空想して、押し付けてる自分にはたと気付くと、涙が出ちゃうね。とほほ

演劇は自分という人間が何なのか、気付くためにはもってこいだけど、自分自身を徹底的にみつめて、変わって行くに不向きなのかもしれないな
[PR]

by macaroni-2004 | 2007-08-10 00:33 | 演劇制作  

<< 母校応援 オオハジノフスキー先生の近未来... >>