カラフルこれで一区切り、本当は次が

地元高校生が『カラフル2』参加作品より選んだ3作品を上演する『カラフル・ハイスクールミーティング』が終了
これで『カラフル2』も一区切り。6月末には実行委員会も解散です

実行委員である試験管ベビーのかこさんと、「本当はせっかくついた火を消したくない」と、どんどん庵でうどんを食べながら話しました
でも、現実としては『カラフル3』をやらさせて下さいっ!!!という熱のこもった声はこの一ヶ月ほぼ何処からもあがって来ず
本当は毎年のように開かれるのが良いのでしょうが、次をやるとは言い出せない残念な状況です

あの規模の演劇祭は4年ぐらいは準備期間をかけないと有志の実行委員会では限界かな・・・
前回プロデューサーのヒジリサワ氏のブログを読み直すなどしながら、残務の中でも締め切りが迫っている報告書作りに唸る



でも、出来る事なら火は消したくない
そういえばメガチカの刈馬カオス氏が提唱し、あまりに馬鹿馬鹿しいので無碍にしていた企画を思い出す
「名古屋KAN祭り」
名古屋に拠点を置く劇団の中で、劇団名に「かん」がつくカンパニーの合同公演だ。これが風林火山プロデュースで実現したら素敵じゃないだろうか

試験管ベビー、そらかん、俳優館、双身機関、劇団バッカスの水族館、異空間、劇団あおきりみかん、TORIPEKOカンパニー、PAO COMPANY、顔交換、少年王者舘
実に多彩なカンパニー!解散はしてしまったけれど、元・帰空管(現・煉獄猿)の瀬口さんにもぜひ参加して頂きたい所

俳優が集まるのはもちろん、各カンパニーが10分ずつ担当したオムニバス・・・いや、各劇団の作家が書いたシーンを、代表作家が再構成するとか…何れにしても想像を超えた公演になる事は間違いない
劇場は、愛知厚生年金会館
演出は名古屋演劇界の重鎮&トップランナー、小澤寛(おざわかん)さんに担当して頂きたいですっ!

ゲスト出演として、菅野美穂さん、なべやかんさん、オリバー・カーンさん
菅直人さん×神崎武法さんの超党派応援団からの推薦文など頂けないものか


はい、カラフル2の報告書作りに戻ります
今週は「帰ってきたゑびす」公演中です。まだ本番を観れてはいないのですが、美しい舞台で役者さんは芯が太く清閑にみえました
水曜14:00マチネが千秋楽@七ツ寺共同スタジオ
(帰ってきたゑびすと深いつながりにあるオフィス★怪人社のIKKANさん、カン祭りに参戦されたら盛り上がるだろうな~)
木曜日からはアトリエ春風舎でのNEVER LOSE『タバコトーク』公演がいよいよ始まります
[PR]

by macaroni-2004 | 2007-06-06 01:55 | 演劇制作  

<< はっ!!! 大橋超嬉しいんですけど!! >>