廃校/366.0 いよいよ…

メガトン・ロマンチッカーとNEVER LOSEのカップリング公演『廃校/366.0』が、制作進行がここぞ架橋という時期に入った
グツグツと関係を煮込み続ける事約3年半。ようやく、ようやく、その成果をお見せ出来る時がやって来ようとしています

先の『マイ・フェイバリット・バ――――――ジン』のスペシャルイベント「4×2(フォーバイツー)」で名古屋デビューしたNEVER LOSEと、ガチでの天下取り公演
間違いなく、名古屋のみんなに強烈な贈り物を持って来てくれる事でしょう

先立って、演劇オープンラボの第2弾企画!
今度はなんとまぁ未公開の『廃校/366.0』台本を課題テキストにした、先行上演!公演より一ヶ月先に廃校/366.0の出演者として円形劇場の舞台に立ってみませんか!

今回は千種文化小劇場さんの意向もあり、これからの名古屋を担っていく、若い俳優達を主対象にした内容となる予定です



演劇オープンラボ2007
名古屋・東京の演劇シーンをつなぐ366.0 projectの旗揚げ企画として催され、創作過程発表の可能性と演出の多様性を力強く印象づけた演劇オープンラボの第2弾企画であり、(財)名古屋市文化振興事業団・名古屋市千種文化小劇場が展開する現代演劇ワークショップの魁。
今回の特色は、未発表作品である『廃校/366.0』「前日譚」「後日譚」を課題テキストとして取り上げ、作家・演出家である刈馬カオス(前日譚)、片山雄一(後日譚)自身が公演の一ヶ月前にナビゲーターとしてワークショップ講師を務める点にある。
後日譚・片山雄一ワークショップ参加者の中から、一部出演者を選抜する予定。

[演劇オープンラボ?]
演劇オープンラボは、演劇が持つ魅力やノウハウをより分かり易く、お気軽に体験頂ける企画です。今回の開催では、次世代の演劇シーンをリードするナビゲーター2名が参画し、俳優育成のためのプログラムを実践します。

[各コース案内]
片山雄一コース 定員/14名
2月3日12:30~21:00 演劇練習館アクテノン 2月4日18:30~21:00 演劇練習館アクテノン
2月6日18:30~21:00 千種文化小劇場    2月7日18:30~21:15 千種文化小劇場

刈馬カオスコース 定員/10名
2月4日12:30~21:00 千種文化小劇場  2月6日18:30~21:00 千種文化小劇場
2月7日18:30~21:15 千種文化小劇場

[参加料金]
両コース共に10000円、参加者は別コースの見学OK。

[お問い合わせ]
052-745-6235(名古屋市千種文化小劇場)

[発表公演]
2月7日19:30より発表開始。19:00より入場開始。場内での役者の仕上げの稽古の様子もお楽しみ下さい。入場無料。

[参加申込み受け付け開始]1月10日(水) [参加申込み締め切り]1月31日(水)
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-12-24 01:44 | 演劇制作  

<< 年も移って 家で作業はこんなにもさみしくな... >>