制作ワークショップ終わりまして

なんとかかんとか、無事にワークショップ終える事が出来ました
スタッフ・関係者の力により、概ね粛々と進行出来たものと考えています

遠方からの参加者や異ジャンルの参加者に比べ、地元の参加者があまりに少なかった事は大きな問題として反省しなければなりません
開催時期の問題もあるでしょうけど、厳しいスケジュールの合間を縫って、東京・大阪・仙台から駆けつけてくる人達がいることを考えると、根源はそこではなかろうと思うのです

3回まではこの名古屋演劇プロデュース・ワークショップをやるとは言っているので、猛省と対策は徹底しなければなりません

・・・こんな事言うと、団体の代表としてどうかとも思うんだけど、東京と大阪と仙台に行かずしてその土地の匂いを感じられたので、その土地への交通費だと思えば非常に安かったなー
あれだけ朝から朝まで毎日有意義な時間を過ごせる機会は稀有ですからね


一つ一つの現場で、一つ一つこなして行くしかないのですかねー・・・
[PR]

by macaroni-2004 | 2004-10-20 10:01 | 演劇制作  

<< 歯が痛い 地元。 >>