なんで制作やってるの?

仕事で徹夜と思いきや、mixiにて活動中の大橋です

なんか楽しげかなぁと366.0コミュを作ってみました
自分でコミュ作るとはおもわなんだ。ミクやってない人には何のことやらの話でごめんなさい

さて。掲題の件。mixiに半田商業高等学校コミュなるものがございまして、そこは僕の出身校なのです
んで、なんとマニアックにも演劇部トピックが立ってるじゃありませんか

僕の演劇ルーツはそこにあるのです



照れ屋な上に自己顕示欲が異常に高い痛い子だった僕。しかも、自分を隠して上手くコミュニケーションがとれない
そんな人が演劇を志したものだから、演劇部の仲間達には迷惑掛け倒しの3年間でした
僕のために演劇部がある状態で、申し訳なかったなぁ
自分ろくでもないのに、酷い事言って、しかもフォロー出来ないままで卒業しちゃって、当時の部員を傷つけたまま今に至っているのが、、、ごめんなさい

とにかく迷惑かけ倒したわけですが、自分を相手にぶつける、誤解無く関係して行く、摺り合わせて行く、新たなエネルギーをコミュニティで生み出していく。そんなノウハウが演劇にはてんこ盛りで。それに10代半ばで出会った事によって、ほんと救われたなぁと心底思っています

その恩返しにと、演劇を広げる活動がしたかった
それは、制作というセクション何だろうという事を、卒業する頃には意識していました。舞台監督と制作の違いってなんじゃろう?ぐらいの知識しかなかったんですけどね
当時大好きだった演劇集団キャラメルボックスの加藤昌史プロデューサーのキャラクターに憧れてたっていうのも大きかった

急速にインターネットが普及し始めていた当時、演劇系サイトをサーフィンしながら、掲示板にパッションで書き殴っていたような覚えがあります。荒らしとは言わないまでも、痛々しかったのは間違いないな。まぁ痛いぐらいじゃないとね

縁あって七ツでお世話になったり、刈馬と組んだり、公共ホールで使ってもらったりするうちに、フリーランス制作者として認知されるようになってきました

Pとしての言葉と、物語を夢想する能力を身につけ高めて行く事
続ければ続けるほど無能さや優しさの無さに愕然とする毎日ですが、この修行こそ演劇の魅力なんだよなぁ

これからは個人としての能力じゃなくて、組織としての力を確立させて行く事も大きな課題
ここらで、本気で、組織作り、取り組むかー


なんて事を、母校のコミュから思いました
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-10-29 04:28 | 演劇制作  

<< 戯曲を読む ドラゴンズ完敗、メガチカ完売遠のく >>