巡演可能なショーケース

巡演が可能なショーケースは演劇で有りうるんだろうか
つまり、コンテンポラリーダンスでいう所の「踊りに行くぜ!」的な演劇版企画

可能かもしれないけど、それは面白いんだろうか?
名古屋で言えばカラフル(や、その一部)を全国ツアーに回すという発想なんだろうけど
本拠地ではない場所で、観客や地元のプロデューサーらと出会うための企画として意義はある

けれど、本拠地ではないからこそ、フルボリュームを使った本公演をやりたい!
・・・という、わがままな想いが交錯するところでもあります


というか、ただ巡演するだけで何か意味があるんだろうか
いや、新たな観客との出会い、刺激、旅は人を育てる・・・とか、それは絶大な効果だろうとは思う
もっと、その土地の普通の人と交わり、表現者としての化学反応が起こりうるプロジェクトは無いものか
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-10-08 11:44 | 演劇制作  

<< ラボ、凄かった どう言ったらいいのか >>