名古屋での折込み

名古屋の折込束の現状、せっかくなので書いておきましょう

1公演に折込まれる平均部数はだいたい20枚程度でしょうか
折込希望が集中する公演では、名古屋でチラシを作っている全団体がこぞって来るので、随分と分厚くなる事もありますが、それでも40枚ぐらいかな

今は東海シアタープロジェクト主催・演劇練習館アクテノン共催の折込ネットワークが、常時10枚前後を挟み込んでいます
これはチラシバーター折込システムと、折込委託システムのハイブリットシステムで、運営能力も高まって来ていて、口コミから更なる広がりをみせつつあるという現状でしょうか

目下の悩みは動員力のある公演があまり打たれなくなってきている事実
小劇場だけではフルで折込んでも、月間1万部も行かないのは・・・。
シーンの動員力を測る目安になるものなので、この停滞は即ち動員力減を意味しているんだろうなぁ

名古屋では折込チラシに対しての依存度は相当に高いです
当面、折込みチラシ束の存在自体の是非が問われる事は無いでしょうね
成熟してきているからこその変化でしょうから、正直羨ましいと感じます
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-08-03 17:06 | 演劇制作  

<< 近鉄名古屋についてから 関西のチラシ束 >>