形から入る?そうです。事務所持ちます

東海シアタープロジェクトは、これまで新海や大橋の自宅を事務所として活動していましたが、次のステージへと進むため、事務所を構える事となりました
実は、名古屋市中村区本陣の本陣小学校が統廃合により廃校となった事を受け、名古屋市はNPO活動支援・地域密着型ビジネス支援策として教室を事務所として提供すると発表し、入居団体を公募していました
書類提出(税金の納付状況までチェック・・・。びっくり)、面接を終えて結果を待っていたのですが、入居団体として選定されたとの事。非常に名誉に思います



アフロワーゲンのニシムラさんに教えて頂いたのがキッカケでした。将来についてシャトナーや刈馬とも相談した結果、行くぜ!と旧40人教室の大事務所をセレクト。月額5万の家賃ならなんとかなるぜ!
創業ノウハウを全く持たない若造としては、創業支援のセミナーなども大きな魅力。面接で猛省した社会への説明能力(身体のトーク力)を磨き、ガンガン街に貢献して行きます

これを受け、東海シアタープロジェクトとして、幾つかの新たなプロジェクトも展開予定
それらとは別に、廃校利用が進む全国の事例を横目に、野望も心の中に秘めています(わかり易い野望ですけどね)

名古屋の「マジ」な役者はよく東京に行く。チャンスが無いからと
刺激が無いから、劇団にも強度が無いなんてよく自分達で言いあう

名古屋の街には風が吹いています
演劇の世界にも、大きな躍動がありそうです
芝居やる環境としては超パラダイスなのにね
劇場は七ツ寺のような小空間から、キャパ250~350クラス、500~800クラスの中劇場まで層厚く充実
稽古場は演劇練習館アクテノンを始め潤沢。公演1ヶ月前からでも稽古場を手に入れられる状況。更に昭和文化小劇場は、稽古場併設となる計画有り
助成金申請出せば通る6桁クラスの助成も多数
劇場費減免の芸術公演を名古屋市は打ち出し、若手も数年普通に活動すればサクサク通る
更に演劇界として歓迎するニュースも入りました(と、僕はとらえています)
名古屋に今一番不足しているのは、俳優や劇団です。ソフト不足!
面白い事を実現出切る街なんですよ!天敵のいない平和な島国なんです!(だから刺激が無いって、東京に行く役者相変わらず続出中)

閉塞感に苦しんでいるカンパニーや、演出家・俳優は、ぜひ名古屋移転を検討して頂きたい
ああ、後、制作者もいません。フリーランスとなると、ほんとにいない。ぜひ、名古屋移転を!
[PR]

by macaroni-2004 | 2006-02-10 02:38 | 演劇制作  

<< 言葉足らずでした 焦らない。諦めない。 >>