「エンタメ系」はそろそろ死語になるかな

より多くの人を喜ばせるためのエンターテイメントか
最大公約数の論理によらず、そこにいる人々と関係するアートか

極論と極論のぶつかり合いはキモイなーって感じで、「どっちも。」という立場を僕はとっている
案外先駆者の多くも「売れなかったから理論武装」してたり、「売れたからそういう事にしている」っていうケース多いんじゃないかな

それは、住んでる地域関係なく成立し得ると思う
山の中にいるイノシシ相手に芝居やろうってつもりはないけど、過疎地と呼ばれるような場所にこそ、都市にはない祝祭は存在し得るんじゃないかな
コミュニティの中に入る通過儀礼ってのも悪くないけど、そこと関係するとなれば感じたことの無いものが生まれるんじゃないかな

でも、僕は地方都市のベッドタウンに生まれたから、やっぱりそこでどう生きるかに興味があるな
こんなに閉じてる生き方しちゃったし。そう考えると、あくまで自分のためだなぁ
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-10-29 14:25 | 演劇制作  

<< 内輪で盛り上がりやがって 新人戯曲賞 >>