メガトン・ロマンチッカーact8 『私の声はモノガタリのために』

『モンスターとしての私』が直前ですが、act8が決定いたしましたので発表します



今秋2005年10月より06年3月まで、6ヶ月連続リーディング公演を行います
古典近作海外日本あらゆる既存テキストを、毎月刈馬カオスがセレクト・上演いたします
七ツ寺共同スタジオの協力により、実現の運びとなりました

刈馬カオスが全作品を演出。戯曲に向かい合うリーディング公演
リーディングについて造詣の深い演出家や、出演俳優らとのアフタートークも検討しています

チケットは1作品毎ワンコイン¥500-.

演劇でも朗読でも無い、「リーディング」という新たな表現の地平を目指します
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-05-19 02:08 | 演劇制作  

<< メガトン・ロマンチッカーact... なんで >>