シャトナー研 制作日記バラシ

公演前日、初日、千秋楽と滞りました。コンテンツ化を目指していたので、反芻して記述したいとは思うのですが、、、もう、怒涛過ぎてよく覚えていません
NEVER LOSEの両名の出演中止については、早急に整理し、全てを報告したいと考えております
彼らの出演を楽しみにご来場頂いたお客様、重ねて陳謝いたします
ただ、結論から申し上げますと既に私達は和解をしています。むしろ前向きであり、現実的であり、ナイスであります

NEVER LOSE 片山雄一のブログ、及び、今回の全てを理解している唯一の第3者である刈馬カオスのブログでも、この詳細はお伝えいたします
片山雄一のつれづれ

日々、アレコレソレ

NEVER LOSE 掲示板でも、当件についての書込みがございます
NEVER LOSE 公式ホームページ


以下、シャトナー研『感じわる大陸』最後の制作日記

昨日の朝までの打上げで大橋は早朝にダウン
起床後、ヤバイヤバイと自分の中のスイッチを急いで入れる。が、鈍い
シャトナーさんの家で登紀子さん、シャトナーたちの昔の仲間と一緒にコーヒーを頂く。マヂモノのエスプレッソを超堪能、濃度の極めて高い話が交わされる。大橋が経験して来た危機が、比べ物にならない次元の大問題を突きつけられ、立ち竦み、立ち向かい、乗り越え、今がある。尊敬の念と自身の現状のふがいなさに呆然としつつも、そう遠くは無い所の話だとも思う
とりあえず、僕もギター欲しいなと思う
入り時間からスタッフ・座組みとバラシ。少人数とは言え立て込んでいるわけではないので、昼飯を挟んで夕方前にはいつでも撤収出来る状態になり、座組みと小屋での最後の時間を楽しむ。マンガトークについていけず。読み漁ってやる
猫飛に行って、精算。二村さん、今回は本当にありがとうございました
積み込みを全て終え、帰宅
・・・しようとするも、愛車のマーチ君がセンターラインをまたぎ過ぎるので、停車。そのまま車で眠ってしまう

1時間ちょい経過

起きたら折込の時間が迫っており、急いで移動
折込作業
終了後、今回の公演で無理無理だけども粋に感じて照明をやってくれたありまと、無茶な制作プランを見事にクリアーしてくれた純ちゃんをねぎらう意味に重きをおいて食事。まぁ、いつもの事と言えばいつもの事なんだが

帰宅後、NEVER LOSE の片山さんと電話。3時間ぐらい話す
風呂に入る
片山さんから電話。ちょっと、話す。ワクワクする
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-03-10 06:22 | 演劇制作  

<< 決して諦めない 出演中止のお詫び >>