音楽チャート4週目

音楽チャート番組内で、DJが次のようにコメントを添えた
「4週目にして、この順位はかなり上位期待出来るんじゃないでしょうか。」

よほどのプロモーションが事前からされていなければ、初登場で上位というわけにはいかない
普通の配給体制では、楽曲の力でランキングを駆け上るしかないのだ

・・・とは言っても、私達の演劇公演と比べれば相当な宣伝活動が展開されている
世の中の99%以上の演劇公演において、「4週目」は存在しない
音楽と比べ、作品の力で直接開拓していかなければならないはずなのに、それが伝わりきる前に幕は降りる

1日でも多く公演日を確保したい想いと、収容キャパシティ・作り手の負担が肩にのしかかる

面白い作品を創ったら、「ロングラン」とまで言わなくても、延長上演し易い仕組みを作れないものだろうか
ウィングフィールドの再演演劇祭は面白い取組みだったと思う。あれを進化させる形で、秀作は必ず社会に強く発信して行くなんて事は出来ないだろうか
劇場を無制限に確保する事は現実的に困難だろうから、一定期間を置いた再演が現実的だろうと思う


「再演推奨作品制度」を設けて、劇場や公的機関が秀作の再演を推進するのだ
海のものとも山のものとも思えないものに巨額の支援を与えるより、よほど良いと思うのだけれど、どうだろうか


一方で、「再演では集客出来ない」という声も耳にする
これ、つまんなかったのに「無理やり再演してる」んじゃないのかと思う
そこを見分ける学芸員なりが必要なんだろうなー
[PR]

by macaroni-2004 | 2005-02-16 01:16 | 演劇制作  

<< 同時という言葉 純愛映画は詩的か >>