泣けちゃうな

今日、GATE#1の初日が開く
考えてみれば、京都でプロデューサー名義で芝居を打つ1度目の仕事じゃないか

今日は、紙本明子の作・演出・自演による『ありがとう』の場当たりを観ていて、こっそり泣きそうになっていた
いや、全然泣くようなしんみりしたシーンじゃないんだけれど、ともかく私は泣きそうだったのだ
昔、五反田団(という劇団)が、同級生に気楽でいいなとか馬鹿にされて暴れだした人形と同じような印象を持ったのかもしれない

何より、俳優が一人で立ち、一人で舞台を引き受け、またその後ろに無数の仲間がみえたからだと思う
Wキャストの朝平陽子版は「川の流れ」。紙本明子版は「高速充填トコロテン」だなんて感じつつ今日の仕込み・リハーサルは終わった

うちの劇場の地域密着劇団(立ち上げ中)KAIKA劇団も、ああいう芝居は大橋好きなのだ
陰影はぼんやりしているならば、最後までぼんやりしてくれるのが好きなんだよね、きっと

明日は笑の内閣。噂の「非実在少女のるてちゃん」もKAIKAにやってくる。稽古殆どみれてないんだけど、非常に楽しみだ
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-12-22 01:58 | 武者修行  

<< メールだと誤解があるよね 今日はKAIKAで柿喰う客 >>