今日はKAIKAで柿喰う客

今日はKAIKAで柿喰う客(という名前の劇団)のワークインプログレス
新春公演の創作過程を一般公開して、そこでの意見・感想を作品に取り込もうという試みだ
観衆を入れるタイプのイベントとしては、実は外部利用1発目であったりする

うちの劇場はワークインプログレスに注力しますので、その記念すべき第1発目でもあるわけですね

これが終わったら同志社の振り返りをして、ゲートをやって、年越し…となるわけだ
この8カ月はなかなか長い8カ月だった
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-12-14 13:44 | 演劇制作  

<< 泣けちゃうな 偉い人の本音 >>