【名古屋の演劇人参加必須】平田オリザ/高萩宏の講座

私は私の仕事をするだけだな、と思う今日この頃
古くから会社が巨大化するにつれて、会社は次第に社長のものでなくなると聞く
自分や自分にまつわるものが、次第に自分のものでなくなっていく事に恐怖を覚えたのは2年ぐらい前からだったか
ある段階からの活動は、私という存在は公という存在に絡めとられるのが社会の必然なのだと理解した
だから企業や行政や個人から資金が集まる。私にお金は振って来ない
自身のトラウマや日常の不満を癒すために活動は出来ないのだ
逆説的だけれど、私の強さこそが公としての強固さを生むのだ

+ + +

前段が長くなりました
生きる巨人が2人名古屋でアートマネジメント講座を行うのです

文化情報センターが行っているアートマネジメント講座で、平田オリザ(2回目)&高萩宏氏が登壇するのです
これに参加をしないのは、公の演劇人としては損失です

既に1度目の講座は終了しています
昨日、阪大で平田さんにお会いした時に言われたのは、極端に名古屋だけアーティストの参加が少なかったということ
平田さんは劇場法にまつわるセミナー等を各地で行っているのですが、行政・会館関係者も来るものの、アーティストが自身の将来の問題として感じて参加しています
北海道では、主宰やプロデューサーだけでなく、劇団員がこぞって参加したような事も聞きました

高萩さんは演劇関係者ならご存知でしょうが、劇団夢の遊眠社創立メンバーにして偉大な業績を積み重ねてきた国内屈指のプロデューサーです
演劇を名古屋で続けていくのなら参加しておいて絶対に損はありません


2回目からの参加でも申し込みOKになったそうです
是非に参加してください
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-11 12:49 | 演劇制作  

<< 今、何をしているかと言うと トリコ・A >>