トリコ・A

インプロワークをやったWSD補講後、トリコ・Aプロデュース『せりふのないガラスの動物園』を鑑賞

ここ数年、終演後に客席を立てない芝居に出会っていなかった
かなうのであれば、もう30分終演後の劇場でぼーっとしていたかった
『ガラスの動物園』を知らないのでどのような構成がされたのかもサッパリわからなかったけれど、めちゃくちゃ面白かった

ヘトヘトのコンディションで観劇したのだけれど(開演前、客席で寝てた)、冒頭(これぞ前説?)からバリッと空気が劇的になり、あっという間に鷲掴みされました
名古屋の友人たちにも、今から新幹線に飛び乗って劇研に行って欲しい芝居です


演出も良いのですが、役者が1人1人凄い。巧いのは言うまでもなく、凄みがある
我らがWSD阪大3期メンバーのミュージシャン「新井洋平」氏もいい仕事をしていました。楽曲により寓話のような世界が立体化していました。そして生演奏。ミュージシャンが奏でることでフィクションが「グワッ」と強固になったかと思えば、生身の姿でそこにいることによりリアルに引き戻される。いやー、いいなぁ

ぜひ再演・巡演してほしい
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-07-04 12:04 | 日々の雑記  

<< 【名古屋の演劇人参加必須】平田... 本日開館 >>