劇場の法律

劇場の役割を規定する法律が出来るとか出来ないとか
私は立法に向けての動きは芸団協さんに全てお任せしますという立場です
昨日今日聞いた話じゃなし、そのスタンスをここに来て転換するものではありません

法律は出来るでしょう
そして劇場や舞台芸術の果たす責務は数倍増していくことでしょう
重い責任を舞台芸術の世界が背負うものとして、戦々恐々としているというのが実のところです


私の責務は、その法の精神を劇場で具現化することと考えています
その現場を創るために、自分の言葉を自分の体から発すること

…さて。夏の現場のことをこの4日で片づけるどー!
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-05-24 03:11 | 演劇制作  

<< 今日の俺はオニになる 激しく準備中/大文字は何個もあ... >>