久々にキャラメルボックス

大阪にキャラメルボックスが来ていたので観に行った
最近、加藤さんは前節やらなくなったんですね

1時間の中編作・2本立て公演なんですけどね
超大変な舞台転換をものの30分ほどでしてしまうスタッフ力に驚愕。まじすげーなー
これで大阪がツアーのスタートだっていうんだから、ホント神だ

大切な人のためなら危険を顧みずに時空を飛び越えてその人を救う
ファンタジーってキラキラしてる世界観が好きな人のためのものだと思ってたんだけど、そうじゃないのかも
日常の関係性では表象して来ない人間の真理や本質が、強固なフィクションに包まれる事でドラマとして成立するんだなぁ
それだけに「おいおい…。医者ってそんな適当なのかよ。人を救いたい気持ちはどうした。」と思っちゃうと、ドン引きであるが

しかし、西川さんは華と愛嬌があるなぁ。ベテランの俳優さんからはキャラメルの型の美しさを感じるなぁ
若い俳優も育っているようだし、集団としての力を改めて感じた
民から官へと演劇が国のものになるのか?と感じる昨今。このようなカンパニーが四半世紀前線で頑張ってきた事にはひたすら拍手だ

25周年、おめでとうございます。
[PR]

by macaroni-2004 | 2010-02-20 20:11 | 日々の雑記  

<< テーマを今決めろと言われたら(メモ) 黒猫まで >>