行商に買う

自転車で近所を散歩がてら移動していたんです
枇杷島スポーツセンター横の公園を通り過ぎようとしていたんです

「すみません。」
彼女の横を通り過ぎて停車した大橋
「八百屋なんですけど。××買いませんか?」

何を買いませんかと言われたのかよくわからないが、彼女は八百屋らしい

大「え、行商!?」
八「あ、はい。」

どう考えても素手では持ち運べないだろう箱(ボテ)にギッシリ入ったフルーツ。周囲に八百屋の車は見当たらない

大「いつもこの辺でやってるの?」
八「いえ、いつもはやってないです。はい。」
大「へー。大変だね。」
八「これ、オレンジとみかんの詰め合わせ、いかがですか?」
大「へー、いくら?」
八「525円です。」
大「うーん、こっちは?(手に取った柑橘類)」
八「そっちも525円です。」
大「じゃ、これください。」
八「2つセットで1000円ポッキリですよ~。(と言ってオレンジとみかんの詰め合わせを手に取る)」
大「いや、いらないです。」
八「メロンもありますよ。」
大「メロン食わない。」
八「(悲しそうに)最近、メロン食べないんですよね。」

美人の八百屋から大橋が手に入れたのは貴婦人の果実というキャッチフレーズつきの「美生柑(みしょうかん)」なる和柑
「カラフル3」よりは煽りの激しい宣伝文句の数々に圧倒される
世の中、まだまだ初体験というのはあるものだ

b0025419_2124788.jpg
[PR]

by macaroni-2004 | 2009-05-12 21:06 | 日々の雑記  

<< 賞の発表に向けて 5月4日 と、これから >>