栄光に向って走るぅ~ あの列車に乗って行こう~♪

BStageがクローズというお知らせがfringeから発されました。非常にポジティブな東京行きなので、名古屋の人間でその行動に疑問を抱く人はいないでしょう。東京でのご活躍、心からお祈りします

大橋は生前お付き合いがなく、葬儀の詳細などもわかっていないのですが、元・七ツ寺プロデューサーの久保則男氏が亡くなりました。ご冥福を心からお祈りいたします



今まで大橋は「上の人」達が作ってきた道の上で仕事を出来ていたのだなぁと、つくづく感じます
プロデューサーという存在、フリーランス制作という存在、これも先人が培ってきたものです
自分達が新しい道を作らなければ、どん詰まりになってしまいます。道を拓こう。次にこの道を歩んでくる仲間のために
徒歩じゃなくて、次は列車が通れるように、線路を敷いていこうじゃないの


家族も仲間も大切にしたい。でも、想えば想うほど憂鬱になり、無力と情けなさを痛感してしまう
メガチカにかけたのだから、彼らを社会に押し出せなければ、そこで芝居は辞める。でも、必ず成し遂げてみせる


昨晩、10月にバイトを初めたあるメーカーの、決起会という名の飲み会に参加して来た
正直あまり乗り気ではなかったのだけれど、社員の姿勢に心を打たれた
バイトにもいろんなやつがいて、バスケマンにバンドマンにマシンマニア・・・もう幅広い。こんなにも彼らと僕は違う

お決まりの挨拶やら乾杯やら、一通りの自己紹介やら、一言なんぞあった後、最後にバンドの演奏があった
ブルーハーツの名曲を熱くセッションするのだけれど、社員3人にリーマンを辞めバンドに賭けたギタリストのセッション
ただのスナックと思いきや、結構良い音が出るので驚く。ヤマハのスピーカーもなかなかやりよる

これが超カッコイイ。どんなライブでもバンドで泣いた事は今まで一回もなかったんだけど、その4人のセッションが心に響く
決して技巧が素晴らしいわけではない。リーマンになってもバンドマンマインドを忘れ去らない彼らの熱い血が、琴線にふれた
全員がリーマンじゃないのもまた感動したんだと思う。音楽は他者の壁を超える

がんばろー!
[PR]

by macaroni-2004 | 2004-11-16 09:30 | 日々の雑記  

<< 立ち位置 溢れる無駄と市場経済の狭間で >>